FC2ブログ

記事一覧

なぜ加齢で乾燥するかというと

年を取るということは枯れていくことかも。

ドライアイ、ドライマウス、ドライスキンの共通原因は加齢だ。
若い人でも過食や糖尿病など様々な原因で「乾燥化」は起こるのだが。

食事や運動などで血糖値や肥満をコントロールし、健康を維持していればいいかというと、違う。
どんなに健康体であっても、加齢が進むと乾燥は避けられないらしい。
涙液や唾液や汗の分泌量が減るのはホルモンの低下と関連するそうだ。
男性ホルモン(テストステロン)や女性ホルモン(エストロゲン)が減ってくる時期と共通する。

老人になるということは枯れていく身体と折り合いをつけていくことのようだ、
そして、いかにストレスなく暮らすか。
ストレスも乾燥による各部の不快な症状(ドライシンドローム)の原因だという。
乾燥化を少しでも遅らせるために、ストレスを減らそう。

現代社会はストレス過剰なので、若い人々にも乾燥化が見られるらしい。
それは老化なんだと自覚して、生活を変えたほうがいい。
枯れるのは老人になってからでいいのだから。

<That's Ninchi Show 2 No.1445>


関連記事

コメント

仕事をしていた時は、ドライマウスでした。歯磨きをしても唾液がほとんど出ないので、いつまでも歯磨きを続けられました。
仕事をやめると、ドライマウスは気にならなくなりましたが、代わりにドライアイ。
日に4回目薬を入れるのは大変ですが、自覚症状があるので、3回😥は使っています。

唾液減少の原因はストレス

仕事をやめて、ストレスが減ったのですね。
ストレスで唾液分泌が減ってドライマウスになってたのかもしれません。
在職中は相当ストレスの多い毎日だったのでしょうか。
緊張すると口の中がカラカラになるものです。
固唾をのむ、というのはそういうことだそう。

ドライアイの目薬ですが、太平洋側の冬は晴れて乾燥した天気が続くから、毎日朝晩の最低二回は点眼したほうがいいと思います。
雨が多い時はいいけれど。
天気によります。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ごちゃごちゃいう

Author:ごちゃごちゃいう
ヤフーブログ「これも認知症なんだ」の続きです。

2008年に義母、その後実母も認知症を発症。
それからの驚きと怒りと焦りと、あきらめ、後悔、さまざまな気持ちを記録してここまで来ました。